ダウンタイムが短い!小顔注射が鹿児島で受けられます


「注射だけで本当に小顔になれるの?」
「副作用はないのかな?」
「どこで打ってもらうのが安全なの?」

 

興味はあるけれど、疑問や不安だらけだとやってみようと言う気分にはなれませんよね。

 

そこで小顔注射の詳しい情報をまとめましたので、気になる方はぜひ読んでみてください。

 

  • 鹿児島で小顔注射ができる美容外科クリニックの情報
  • 小顔注射の料金
  • 小顔注射の種類や特徴
  • 小顔注射で失敗しないポイント

以上をご紹介します。

 

鹿児島で小顔注射がおすすめの美容外科クリニック

品川スキンクリニック

  • クリニックは鹿児島中央駅からすぐのところなので、買い物にも便利な場所です。
  • 1日脂肪取り顔やせに使っている薬剤は希釈せず、原液100%のものを使用しています。
  • アフターケアや保障制度が充実しているので安心して治療を受けられます。
  • 施術後の診療や薬代が施術費に含まれているので追加料金の心配がありません。
小顔注射の料金(税別)
小顔注射 3,950円
エラボトックス

片側 9,200円
両側 18,300円

品川スキンクリニック 鹿児島院の情報

 

【住所】鹿児島市中央町3-1 第1NTビル7F
【電話番号】0120-682-350
【アクセス】JR鹿児島中央駅「東口」徒歩約1分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

 

 

湘南美容クリニック

  • アーケード商店街の中にあるので、雨の日でもほとんど濡れずに通えます。
  • BNLS注射は希釈せず、原液100%のものを使用しています。
  • ボトックスは効果がないとみられる場合は、再注入の保証があります。
  • 女性医師も在籍しているので、同性にしか相談しづらい悩みであっても安心です。
小顔注射の料金(税込)
小顔注射 1t 2,980円〜
エラボトックス

両側エラ全体
20,000円

湘南美容クリニック 鹿児島院の情報

 

【住所】鹿児島市中町5番26号 カリーノ天文館 5階
【電話番号】0120-955-655
【アクセス】いづろ通駅徒歩2分
【診療時間】9〜18時

 

 

 

 

 

 

鹿児島三井中央クリニック

  • 提携駐車場があるので車でお越しになる方にも便利です。
  • 知り合いに会いたくないなどの理由で遠方からお越しになる患者さんには、交通費補助システムが用意されています。
小顔注射の料金(税別)
BNLS neo

1cc4,000円

目安量
頬 5cc〜 あご 3cc〜

エラボトックス 50,000円
鹿児島三井中央クリニックの情報

【住所】鹿児島市山下町チャイムズビル6F
(1Fはセブンイレブン)
【電話番号】099-805-2700
【アクセス】朝日通電停 徒歩1分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

 

 

春山クリニック

  • クリニックの専用駐車場があるので車でも来院しやすくなっています。
  • カウンセリングが丁寧で、医師もスタッフも親切と好評なクリニックです。
小顔注射の料金(税別)
小顔注射 1cc 7,000円
エラボトックス 49,800円
春山クリニックの情報

 

【住所】鹿児島市西田2-3-8
【電話番号】099-298-5029
【アクセス】鹿児島中央駅徒歩7分
【診療時間】月〜木9〜19時
土9〜17時

 

 

 

セイコメディカルビューティークリニック

  • キッズルームがあるので6ヵ月以上の乳幼児は預かってもらえます。
  • 鹿児島市電の電停から近く、通院に便利な立地です。
  • 駐車場も完備しているので車でもお越しになれます。
小顔注射の料金(税別)
小顔注射 1本 12,778円
エラボトックス 1回 50,000円〜
セイコメディカルビューティークリニックの情報

 

【住所】鹿児島市泉町5-1
(山形屋朝日通り駐車場前)
【電話番号】0120-172-117/
099-219-3701
【アクセス】朝日通駅 徒歩2分
鹿児島港 桜島フェリーターミナル 徒歩5分
【診療時間】10〜18時

 

小顔注射の特徴や種類

小顔注射のメリット
  • 時間がかからない
  • メスで切らない(傷が残らない)
  • ダウンタイムが短い
  • 施術当日から普段通りの生活ができる
  • 自然に痩せたように見えるので、周囲の人に整形したことがバレにくい

 

小顔になるためには

  • 脂肪を減らす
  • 筋肉を細くする
  • 骨を削る
  • の3つの方法があります。

     

    小顔注射で可能なのは、脂肪を減らすことと筋肉を細くすることです。

     

    BNLS注射

     

    脂肪が原因の人にオススメです。

     

    注射した部分の脂肪が分解して、排出を促す効果があります。

     

    BNLS注射は、これまでに副作用の報告がありません。

     

    ダイエットでは落としにくい顔の脂肪を、ピンポイントで落とすことができます。

     

     

    脂肪細胞そのものが減るので、一度痩せるとリバウンドが起きにくいのもメリットの一つです。


     

    注射の後は、軽い運動やストレッチ、マッサージで血行を良くすると、BNLS注射の効果を助けることができます。

     

     

    エラボトックス

     

    アゴの筋肉の一つ「咬筋」が発達した、エラが張っている人にオススメです。

     

    硬くなったエラが骨なのか筋肉なのかは、セルフチェックである程度判断できます。
    まず、歯を食いしばるように強く噛んで口を横に広げます。いわゆる「いー」の口ですね。このとき、エラがぼこっと膨らめば筋肉、何も変わらなければ骨です。骨であれば削るなどの手術が必要になりますが、筋肉であればボトックス注射だけでサイズダウンが可能です。
    出典:聖心美容クリニック

     

    咬筋は歯ぎしりや歯を食いしばることで鍛えられ、大きくなっていきます。

     

    この咬筋を麻痺させて動かなくすることで、筋肉を細くし、エラを目立たなくさせる方法がエラボトックスです。

     

    エラボトックスの注射を受けたことで、歯ぎしりや食いしばりが改善されたと言う人もいます。

     

    エラボトックスは、ボツリヌス菌が持っている「筋肉を麻痺させる成分」を注射します。

     

     

    菌そのものを使用するわけではないので、病気になる心配はありません。


    失敗しない小顔注射のポイント


    小顔注射は手軽とはいえ、事前に知っておくべきこともあります。

     

    注射をしてから「しまった!」とならないよう、注意点をまとめました。

     

    BNLS注射

    1回では小顔効果を実感しづらい

    効果には個人差がありますが、3回くらい打ち続けると小顔効果を実感できるでしょう。

     

    タイミングは前の注射から1週間以上開けましょう。

     

    大事な用事の直前は施術を避ける

    液体の薬を注入するので、半日から1日は少しむくんだようになります。

     

    注射針の跡が内出血になることもあり、消えるまでには1週間くらいかかります。

     

    ただしマスクやメイクで隠すことができるので、外出には問題ありません。

     

    しかし万が一のことを考えて、スケジュールには余裕をもって臨んでください。

     

     

    甲状腺疾患を持っている人は受けられない

    BNLS注射の薬に入っている「チロシン」という成分は、甲状腺疾患を悪化させる恐れがあります。

     

    他にも大豆アレルギーやクルミアレルギーを持っている人も受けられません。

     

    アレルギー体質の人は、施術の前に必ず医師に大丈夫かどうか確認を取っておきましょう。

     

    エラボトックス

    永久的な効果はない

    エラボトックスの効果は3〜6ヵ月なので、定期的に再注入の必要があります。

     

    しかし継続して打っているうちに効果が長持ちしてくるようになり、最終的には注射をせずに済むようにもなります。

     

    即効性がない

    注射を打った直後は変化がありません。

     

    筋肉が麻痺して動かなくなることで、少しずつ筋肉が細く小さくなっていくからです。

     

     

    注射後、だいたい3週間から1ヵ月くらいでエラは目立たなくなってきます。


     

    マッサージをしてはいけない

    エラボトックスの薬剤が咬筋以外の筋肉に流れないようにするためです。

     

    もし動かす必要のある筋肉が麻痺してしまうと

  • 上手く笑えなくなる
  • 表情がなくなる
  • といったことになります。

     

    エラボトックスの効果はいずれ消え、元通りになります。

     

    しかし、一時的とはいえ表情が作れなくなるのはつらいですよね。

     

    洗顔やメイクをする時も、注射した部分には触れないように気を付けてください。

     

    アゴを必要以上に動かさないようにする

    薬で筋肉を麻痺させても、わざわざ自分で動かしてしまっては薬の効果は半減します。

     

    アゴの筋肉を鍛える習慣

  • 歯ぎしり
  • 歯を食いしばる
  • 固いものをたくさん食べる・ガムを噛む
  •  

    この機会にエラが張る習慣を直してしまいましょう。